パスタ極意

それぞれ作り方はあると思いますが、
自分流のおいしくできるパスタの作り方について紹介します。

今回のパスタはタコとエンドウ豆を使ったあっさりパスタ。

パスタはどれも基本が一緒なので、どのパスタにも考え方は一緒ですので参考までに。

材料)
タコ
にんにく
インゲン
あればアンチョビ
ピリ辛がよければ鷹の爪
ゆで汁

こしょう

作り方)
まず、パスタをゆでます。
塩を大さじ1
1)
アルデンテにゆでます。これは感で、芯がある感じ。
ちょっと固いだろ?ぐらいがちょうどいい。

2)
そして、フライパンにオリーウオイル。
にんにく、アンチョビ、インゲン、鷹の爪を刻んだものをいれます。
タコをいれて軽く火を通す。

3)
焦がさない様に、香りがでたら、一度目の味付けしおとこしょう。
麺を入れます。
ここでゆで汁!!
ゆで汁を必ずとっておきましょう。
これをワンカップ半ほど。これで麺に味をしみ込ませます。

4)
最後の味付け 塩こしょう。
そして、またゆで汁!!

これで麺がパサつかなくなります。

できあがり。
そうです。ポイントはゆで汁を2回にわけてつかう!

これにより、一度に目のゆで汁でアルデンテの麺に素材の味がしみ込みます。
そして、2度目のゆで汁で、麺がしっとり仕上がるのです。
2回目のゆで汁は大さじ3はい程度。入れすぎず、ちょっと汁が残る程度がいいでしょう。

これが自分流 極意。








d0076690_1522996.jpg

[PR]
by Receta | 2007-03-10 15:28
<< 夏。 タコライス。 大根のワイン煮 >>