和食  つるむらさきのおひたし。

エルカーサ
家カフェエルカーサ サイト リニューアルしました。
9月までは、個展があるのでお休み中。10月は美味しい企画考え中。

秋は和食がまた合う季節。
秋から冬にかけては和食をよく作ります。
さめても美味しいというのが和食のメリットでもあるので。

ツルムラサキという葉ものを使ったおひたし。
食べるときの食感が、すこし粘り気があり、これがまた美味しい。
今の季節 スーパーにあります。

材料)
ツルムラサキ 一束

和風だし汁
醤油
ごま油
白ごま

作り方)
鍋にお湯を沸かして塩を少し入れて、ツルムラサキをゆでます。

ゆでる時    サラダ油を3滴ほどたらしましょう!

そうすると、ゆであがりがしんなりせず、歯ごたえがあり美味しくなります。

ゆであがったら、ざるであげて大きめのボールに移します。
そこにだし汁をカップ半分ほど入れます。

醤油をいれて、味をつけます。(大さじ3杯程度)
お好みの味になったら、ごま油をいれます。
これでぐっと風味がでて、美味しさが増します。

最後に白ごまをいれてできあがり。

お好みで、今回は煮干しをミキサーで粉にしたものを振りかけてみました。
鰹節でもおいしいと思います。

秋の夜にさらっと頂きましょう。

d0076690_853311.jpg
d0076690_858363.jpg

[PR]
by receta | 2006-09-18 08:54
<< yasaiシンプルパスタ エリンギとなすを使ったペペロンチーノ >>